テニス

近年の日本人プレイヤーの活躍によって、小学生でテニスを本格的に習い事として習いたいと考える親子が増えています。
子供もラケットとしてボールを打ち返すということが楽しくて仕方がないようです。
テニスは男子にも女子にも人気のある習い事だ。
コート内を縦横無尽に駆け抜け訪ねるスポーツですから、スタミナの向上がはかれます。
また瞬時にボールの来た方向へ反応しないといけませんから、反射神経、俊敏性も鍛えられます。

いつ頃からテニスを習えばいいのか、有名選手を例にとってみます。
錦織さんは5歳から、松岡修造さんは8歳、杉山愛さんは5歳から、伊達さんは6歳だ。
本当に、今テニススクールの入会受付は、おそらく4歳くらいからが多いようです。
しかし小学校前の子供の場合には、本格的にボールを打ち合うというよりも、テニス遊びといった感覚で楽しみながら運動させる感じです。
ですからテニスをちゃんと習いたい場合には、小学生に入ってからで十分だと思います。

テニススクールにかかる費用も、スクールによってまちまちですが、一般的に週1回の授業で月謝が5,000円〜8,000円くらいだ。
別に入会金や年会費の必要なところもあります。
もっと週に2回にするとか、再び本格的に習いたいとなると料金は益々高くなると思います。

習い事としてテニスを始めるとき、必要になるのがラケットだ。
スクールの場合、服装は大抵は運動ができる服装というだけで、テニス用の練習着をはおる必要はありません。
ですから衣装代はかかりません。
必須なのは、ラケットとシューズだ。
スクールによってはこれらを入会特典としてプレゼントできるところもあります。
かりにラケットを自分で貰う必要があったとしても、小学生が取り扱うレベルのものは、スポーツショップへ行けば3,000円〜8,000円くらいで並べるためそちらを買えば問題ありません。

習い事としてテニスをするメリット、デメリットを紹介します。

<メリット>
体力、体力、瞬発力が付くこと。
集団競技ではないため人と接触するなどしてケガをするリスクが低いこと。
お金があんまりかからないこと。
今人気のスポーツですこと。
大人になっても一生望めるスポーツですこと。
戦略性を身につけられること。
あとはメンタルが鍛えられることが挙げられます。

<デメリット>
小学校の場合、学校にテニスコートがないこと。
屋外コートの場合、雨が降ったらできないこと。
個人競技なので、コラボレーションがなくハーモニーが身につかないこと。
一気に上達はしないことなどが挙げられます。

日本では依然マイナーですが、海外でテニスはメジャーなスポーツだ。
僅かテニスができると、高校や大学、大人になってからでも人と交流するときにできると有利になることもあります。
殊に仕事関係で海外の人と交流する機会があると、テニスを通じて交流がはかれるため便利です。http://www.stichtingvakgroepreflexology.nl/