出張族の父に買い与える

さっそく父は高齢のに仕事人間を絵に書いたような猛烈企業戦士であり仕事マニアだ。
昨夜も遅く遠方出張から帰るやいなやまた2日後には冬の北国に発ち数日間は戻って来れないようです。
ろくすっぽ趣味に時間もお金も見張る事なく仕事最優先のライフスタイルを守り抜きつつも家族を熱く見守って来た企業戦士かつ出張族の父の誕生プレゼントには案の定何を贈れば良いのか?何が喜ばれるのか?こんな疑問を読み解く為に本当に考えるべき事はそもそも出張で一番不便な事は何なのだろうか?出張=ホテル滞在=外食と連想してみれば別に何も不自由しないはず、逆に出張なら手当も出るし当然、現場と至近の駅前ホテルに泊まればすむ話、その付近にはきっとコンビニ、外食店、仰山飲み屋と何でも揃い自宅よりも快適に過ごせているのではなかろうのか?そんな事で思った以上に快適に過ごせるのが出張の良い所なのかもしれないが逆に何が不自由かと言えば現地と自宅迄の行き帰りの移動時間が長い事ではないでしょうか?そんな事で移動時間を有意義にくつろげる便利グッツを探して見ました。
まず最初に移動時間と言えば電車に飛行機と細長い席にぶち込められな長時間不自由な時間を座ったままで暮らすので退屈するに決まってるわけです。その際、パソコン打ったり雑誌や小説を読んだりと人様々ですが現代は何となくスマホで動画を見たりネットを閲覧したりゲームをしたりと自由に話す事が飽きずに一番有意義な時間の使い方だ。そこで一番気になるのはスマホの充電量が見る見る内に鎮まる現象、新幹線など窓際席なら充電できますが通路側や真ん中の席では窓際席が最優先で充電お手上げです。
そこで今回プレゼントする物は出張移動中、電池の減少を気にせず使える優れも物は使てるみたら非常に便利なスマホ充電器だ。それを予算的に5000円程度をターゲットとして見つけ出し見た結果1番目ついた物が電気式カイロの機能も兼ねたモバイル用バッテリーという1台2役の代物でした。
カイロとしての機能は使い捨てカイロと違いスイッチを入れてすぐに温まり常用も12時間程度が可能(温度帯3段階 低温35-42℃、中温40-48℃、高温42-55℃らしき)冬場の寒冷地には持って来いの代物のようですが何よりも重要なのはスマホの充電に便利に使えるモバイル用バッテリーとして機能が売りなのです。
1回で3回程度スマホ充電ができバッテリー本体は充電はUSBでパソコン等を経由し充電できるので夜セットし朝になればスタンバイ完了なのです。そういった便利な機能を有するモバイルバッテリーほ是非お父さんにプレゼントしてみたはいかがでしょうか。ストラッシュ梅田