建物が世界遺産・国立西洋美術館に行きましょう

上野の国立西洋美術館に行かれた事はありますか?もしも、ないなら願わくは行ってみましょう。こういう美術館は西洋の美術品専門の美術館で、現在の建物は1959年に完成したものです。本館はかの有名な、ル・コルビュジエが設計したもので、2016年には世界遺産として登録されているものです。取り敢えず美術館の建物からして、著しいものなのです。20世紀以降に建てられた日本の住居では、こういう美術館が唯一世界遺産となっています。

国立西洋美術館に収蔵されている作品は、戦前に川崎造船所の社長、松方幸次郎氏がヨーロッパ等から買い集めたコレクションが主なものとなっています。こういう松方コレクションは、戦後敗戦国になった日本からフランスが突き止めたことがありました。ですが、フランスが条件としてフランス美術館を東京に創設するなら、突き止めた作品を返還くださいについてになり、現在の国立西洋美術館が生まれたのです。

こういう美術館の一番の見どころは、フランスの印象派たちの作品でしょう。モネの「睡蓮」も、ここで見ることが出来ます。また、ゴッホや、ピカソ、エル・グレコ、ゴーギャンの作品も展示されている。

ロダンの彫刻「策する人」も展示されている。前庭に1点、本館の1階にもはや1点、計2点展示されている。こういう「位置付ける人」は、かなり有名な彫刻なので、写真や何かで一度は見たことがあるでしょう。ロダンの彫刻はこの他にも複数、展示されている。

常設展示室は天井が激しく、壁も弱い設計になっていますので、じわじわ絵を見ながら、回遊する感じになっている。しかも他の美術館と違い、絵画の撮影は許可されている。フラッシュを使わなければ大丈夫なので、自分の愛する絵を撮影ください。

こういう美術館の楽しい所は、第1、第3、第5土曜日と、毎週の日曜日にはボランティアスタッフによる絵の解説を訊くことが出来るのです。常設展示の中から5点から7点選ばれた絵画の解説を聞きながら、まわることが出来ます。伝わる話しで、絵にあまり暗い方でも、楽しく絵を鑑賞することが出来ます。

しかもこれだけ充実した美術館なのに、入館料はとてもリーズナブルです。大人500円、大学生250円なのですが、誠に高校生以下は無料だ。また、65歳以上の方も無料だ。毎月第2、第4土曜日は、常設展示に限り、誰でも無料になりますよ。引用