日本のレインブーツブランドRubb(ラブ)

海外ブランドのレインブーツがどうも脚に合わないという方におすすめしたいのが、Rubb(ラブ)というブランドだ。ラブは日本のレイン・ラバーブーツ&レインウェア業者で、日本人の脚の形によって作られたレインブーツは、履き心地も望ましく長く履いても足が痛くならないとして高い評価を得ています。

ラブのレインブーツは見た目はシンプルながら思い切りスタイリッシュで、余計な飾りはないのにさり気ないロゴや配色がおしゃれだ。また、価格もさほど手頃なので購入しやすいのも人気の一因だ。

レインブーツというのは、おしゃれに敏感な女性の方には見た目のデザインも大切で、予めパンツもスカートもどちらにも合わせられるかは重要です。
また、履いたり脱いだりがしやすいというのが購入の決め手になっている方もたくさんいます。ラブのレインブーツは素材のゴムもあたりがやわらかく、デニムによってもそれほど窮屈さを感じません。

そういった大人気のラブのレインブーツで人気のものをいくつかご紹介します。
ショート丈レインブーツのシャロンは、踵の部分にはエンボス加工のロゴがあしわられて要るだけでなく、本物のステッチが入ったベルトもアクセントとなっています。またコットン素材の内張りはストライブ柄となっており、足元から少しだけ映るのがおしゃれだ。

ラブのレインブーツの一番ですショート丈ラバーブーツのアミアンは、絶妙な丈の長さによりどんな方でも履けるだけでなく、シンプルなデザインなためコーディネートも併せ易く使いやすい点が高評価の理由のようです。また、生ゴムの配合率を決めることによって非常にしなやか作りとなっているため、長時間履いても足が痛くなりがたいのも特徴です。

アミアンよりも丈が少し長めなのがトロワだ。日本人の脚の形によって作られているため、ブーツインもし易くて脱ぎ履きもたいしてしやすいのが特徴です。また、日本人の足は膝から下がどうしても外人よりも少なくできているので、海外ブランドのロングブーツを履くと膝にブーツが触ることがありますが、その点ラブのレインブーツはロングタイプでも長すぎず短すぎず日本人の足の長さに合うように作られています。引用