建物が世界遺産・国立西洋美術館に行きましょう

上野の国立西洋美術館に行かれた事はありますか?もしも、ないなら願わくは行ってみましょう。こういう美術館は西洋の美術品専門の美術館で、現在の建物は1959年に完成したものです。本館はかの有名な、ル・コルビュジエが設計したもので、2016年には世界遺産として登録されているものです。取り敢えず美術館の建物からして、著しいものなのです。20世紀以降に建てられた日本の住居では、こういう美術館が唯一世界遺産となっています。

国立西洋美術館に収蔵されている作品は、戦前に川崎造船所の社長、松方幸次郎氏がヨーロッパ等から買い集めたコレクションが主なものとなっています。こういう松方コレクションは、戦後敗戦国になった日本からフランスが突き止めたことがありました。ですが、フランスが条件としてフランス美術館を東京に創設するなら、突き止めた作品を返還くださいについてになり、現在の国立西洋美術館が生まれたのです。

こういう美術館の一番の見どころは、フランスの印象派たちの作品でしょう。モネの「睡蓮」も、ここで見ることが出来ます。また、ゴッホや、ピカソ、エル・グレコ、ゴーギャンの作品も展示されている。

ロダンの彫刻「策する人」も展示されている。前庭に1点、本館の1階にもはや1点、計2点展示されている。こういう「位置付ける人」は、かなり有名な彫刻なので、写真や何かで一度は見たことがあるでしょう。ロダンの彫刻はこの他にも複数、展示されている。

常設展示室は天井が激しく、壁も弱い設計になっていますので、じわじわ絵を見ながら、回遊する感じになっている。しかも他の美術館と違い、絵画の撮影は許可されている。フラッシュを使わなければ大丈夫なので、自分の愛する絵を撮影ください。

こういう美術館の楽しい所は、第1、第3、第5土曜日と、毎週の日曜日にはボランティアスタッフによる絵の解説を訊くことが出来るのです。常設展示の中から5点から7点選ばれた絵画の解説を聞きながら、まわることが出来ます。伝わる話しで、絵にあまり暗い方でも、楽しく絵を鑑賞することが出来ます。

しかもこれだけ充実した美術館なのに、入館料はとてもリーズナブルです。大人500円、大学生250円なのですが、誠に高校生以下は無料だ。また、65歳以上の方も無料だ。毎月第2、第4土曜日は、常設展示に限り、誰でも無料になりますよ。引用

メモリッチ

目元のお悩み対策におすすめのアイクリームが「メモリッチ」だ。
目の下のクマ、たるみ、目尻のシワ、まぶたのたるみなど様々なお悩みをいきなり解決できます。
目元用に厳選された美容成分が高濃度に配合されたアイクリームだ。
使用開始後単に5分で肌内の水分量が倍にもなるという厳しい保水力を誇るという今注目の商品だ。

MEMRICH社が独自に配合した5種類のペプチド、アイキシルが、目元の様々な悩みに作用します。
再び保湿成分を贅沢に17種類も配合して保湿力を高めています。
セラミドがたっぷりと保湿を与えて、浸透型のビタミンC誘導体が肌にハリと弾力を与えます。
ビタミンE誘導体が肌のキメを整えて、ビタミンKが肌リズムをサポートして頂ける。
目元を敢然と潤しつややかな輝きを取り戻して頂ける。
退化によるもの、乾燥によるもの、紫外線などによる環境によるものなど様々な要因から目元を貫き通します。
品質についても無事についても配慮していて、アルコール、パラベンなどすべてフリーで8つの無添加を実現しています。
商品の生産工場もQCを徹底しているため安全な商品を提供することができています。
敏感肌の人も安心して使って受け取れるアイクリームだ。

メモリッチを3週間毎日使い続けてケアすれば、マイナス5歳肌を実現できます。
真に使用したみなさんからの評価も高く使ってよかったアイクリームとしてランキング1位に輝いています。
多くの人がメモリッチによって、大きい保水力を実感していて、潤い肌が貫くと高評価しています。
メモリッチは多くの雑誌も紹介される人気商品だ。

メモリッチは、目元の様々な悩みを徹底的に分析してその原因に立ち向かえる最適な組み合わせから作られた目元用のクリームだ。
独自成分の力で全方位から目元にアプローチして、朝起きたら目元の肌が内側からふんわりもっちりとして弾むような弾力を実感できます。
メモリッチの使い方としては、やはり効果を実感するために一番後に扱うことをおすすめします。
普段のスキンケアをしたさ最後にメモリッチで蓋をするという感じです。
朝はメイクの前、スキンケアを完了したら、夜はスキンケアの後に塗って下さい。

「メモリッチ」は正価3,300円(税抜)だ。
お得な定期コースによると、1本あたり2,327円(税抜)で買うことができます。
お得な定期コースでは3ヶ月ごとに3本がまとめて届きます。
3本の料金が6,980円(税抜)になります。
正価よりも30%OFFになるので大変お得です。
送料無料ですし、30日間の返金保証も付いています。【激安注意!】お風呂リフォーム埼玉のおすすめ業者と口コミと費用相場!格安になる裏技も紹介

1960年代生まれのお母さんへ

お母さんに「おバースデイおめでとう」の気持ちを伝えたい。
誰しもが年に一度、そういった思いを抱きます。
プレゼントは何に決める、どっかへ出掛けるのもいいな。
プレゼント選びに悩んだとき、知っておきたいのが「お母さんの過ごした時代」だ。
その中に贈り物のヒントが隠されているかもしれません。
今回は1960年代生まれのお母さんについて調べてみましょう。

1960年代の日本はいわゆる高度経済成長の時代。
ほんの20年程前に戦争によって破壊されてしまったとは思えないほど復興と発展をしました。
東海道新幹線が開通し、東京オリンピックの開催も成功。
電気製品が普及し、生活の電化、自動車の普及が激しく伸び、日本人の生活は大きく変貌していきました。
今では当たり前のカラーテレビも、この時代に普及したのですね。
とにかく後半には、戦後のベビーブームとともに生まれた若々しい世代の文化が一気に行き渡り、今では有名なビートルズなどのロックバンドが世界的にムーブメントを巻き起こしました。

それまでは洋服も家庭で自作したりイージーオーダーで注文していましたが、既製服を買えるようになり、製造が始まりました。
経済の発展とともに、男性が優先されていた中で女性も活躍する時代へと進み、女性の社会進出、社会的立ち位置も変化していきます。
それによって女性のファッションも打って変わって、色や柄も派手になり、個性を主張できるファッションが主流になります。

代表的なファッションが今では当たり前のミニスカート。
それまでは足を包み隠すのが美とされていたそうですが、モデルのツィギーが大胆なミニを着用した結果国内が衝撃を受け、大流行に。
ツィギーの来日をきっかけに、町中がミニスカートやミニのワンピースを着た若者で溢れていたそうです。
また、それまでパンツスタイルは男性のものと認識されていましたが、60年代前半に「パンタロン」というパンツが出来上がり、女性のパンツスタイルが浸透するようになりました。
人間が当たり前に履いておるデニムパンツやスキニーですが、ここまでパンツスタイルが無かったことに驚きですよね。
他にもヒッピーというジャンルが流行し、デニムを履いたボヘミアンスタイルが広まりました。
刺繍の入ったヘアバンドやアクセサリー、バンダナなどの小物によるお洒落なスタイル。

この時代のお母さんたちは文化を発信してきたお洒落さんだ。
昔のものが今またブームになることも手広く、ボヘミアンな小物なんかをプレゼントしてみてもいいかもしれませんね。
お母さんにとっては懐かしく、人間には新鮮で、プレゼントを共有できるのではないでしょうか。
気持ちのこもった贈り物のヒントになれば幸いです。http://www.god-blog.nl/

妊婦さんが風邪をひいたら、どうしたらいいの?

妊娠すると免疫が低下するので、普段より風邪をひき易くなります。妊娠期間中の10か月の間に、1回は風邪をひく妊婦さんは多いかもしれませんね。ですが、妊娠中なので、安易に風邪薬は飲めませんし、どのように治したらいいのでしょうか。それに胎児に風邪によるのだろうかと心配になったりもしますね。

先ず安心な点として、妊婦さんが風邪やインフルエンザになっても、胎児には影響がありません。ですのでふとした風邪なら慌てないことです。

ですが妊娠中に風邪をひくと、随分治らないということもあります。かなりひどい咳がさらにおさまらないと、お腹が幅広い妊婦さんにとっては大変です。腹圧で、下腹がきついと感じる方もいるようです。最も凄い咳は、大部お腹が大きくなっている妊婦さんにとっては要注意です。胎児には影響はないですが、早めに病院へ行って、ひどい咳があることを授けましょう。

熱が37度程度なら構わないのですが、高熱(38度から40度)が出た場合も早めにお医者さんへ行った方がいいですね。風邪ではないかもしれませんし、そういう高熱が何日も貫くようなら、胎児にも影響があるかもしれないので、家で安静にしているのではなく、病院へ行きましょう。

ですが、鼻が出る、喉が僅か辛いくらいの軽々しい風邪なら、患者さんが沢山いらっしゃる病院へ行くことはないかもしれません。何か細菌がうつっても嫌ですし、長く待合室で控えるのも体力を消耗決める。ではどうしたらいいでしょうか。

一層、温かくした家で、安静にしていましょう。出来たらベッドに入って、寝るようにするといいですね。十分に休息をとることは、免疫を突き上げることにつながります。度々無理して家事をしないようにしましょう。パパにも家事をしてもらうよう頼んでみるといいかもしれません。

熱くした麹甘酒(アルコール分はない)を飲み込むのも良い方法だ。体を暖めると、寒気も消えますし、免疫も上がります。しかも麹甘酒は呑む点滴と言われているので、栄養補給にもなります。ショウガとハチミツを入れた紅茶も体を温めます。

水分補給も大切です。妊婦さんは水分不足になりやすいですし、風邪対策にもなりますから、速やかに体に吸収される経口補水液を飲み込むのもいいでしょう。http://www.iamacandokid.com/